ミニカーショールーム別館

アクセスカウンタ

zoom RSS BBR 1/43 Ferrari F40 製作記 (1)

<<   作成日時 : 2008/07/21 21:31  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

約2ヶ月ぶりの更新となってしまいました…。

さて、またまたレジンキット製作なんぞをやっております。
第3作目となる今回は、BBRのF40にチャレンジ。

F40と言えばレジン完成品ミニカーでも大定番車種の一つですから、手っ取り早く完成品が欲しいだけならアイドロンあたりの低価格かつハイクオリティなミニカーを買ってきた方が良いでしょう。

こんな小さなモノでも完成までに1ヶ月以上は平気でかかったりしますし、塗料だディテールアップパーツだ…と買っていくと結局結構な金額がかかります。
しかもそこまで手を掛けて完成させたとしても、メーカー完成品の出来を上回るのはなかなか大変な事だったりします。
(というか、僕にはそこまでの物は作れません…)

ただ、僕は完成品のコレクターというよりはできれば自分で手をかけて作りたい方なので、たとえ大定番車種でも、たとえ多少出来が悪くても、自分で作ったモノを手元に置いておきたいな〜と思ってます。
(F40は大好きな車種なのでなおさらそう思います。)



さて、置きはこの辺にしてまずはボディの下ごしらえ。
BBR製のこのキット、型がだいぶヘタっているのかバリやら気泡やらあちこちにあって、下地処理は意外と手間がかかります。

でも、ここでサボると仕上がりに影響大ですから、ポリパテに瞬着を練りこんだ物を使って徹底的に気泡を埋めていきます。

画像

バリ取り/気泡埋めがあらかた済んだら、スジボリをエッチングソーで深めに掘りなおしておきます。



ボンネット上のNACAダクトは結構目立つ部分なので、是非とも開口させてやりたいトコロ。

画像

今回は、ノミで深めに掘りこんでから洋白板でフタをしてみました。
特に難しい工作ではありませんが、BBR独特の硬質レジンのおかげでやたらと手間がかかります…。

また、改造部分は塗装後に違和感が出ないよう、きちんと平面を出しておきます。



リアフェンダー上のNACAダクトも、ノミで深く掘り込んでおきます。

画像

リアウインドウ周囲には、プラ棒でモールを追加。
ウインドウを仮止めしてパーツの合い具合を確かめてますが、まだまだ入念なフィッティングが必要な様ですね…。



とりあえず、今回はこの辺で…。


画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
記事とは全然関係ないコメントですいませんが、大勢の
一般市民が電磁波兵器で攻撃されて洗脳させられた上に
頭も見た目もおかしくさせられてます。本当に一般市民
が目に見えない兵器で攻撃されてるんですよ。電磁波犯
罪集団ストーカー、電磁波兵器という言葉で調べてみて
ください。兵器による攻撃をやめさせて洗脳された上に
頭も見た目もおかしくされた一般市民を本当の一般市民
に戻しましょう!!
匿名希望
2010/07/29 06:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

リンク

BBR 1/43 Ferrari F40 製作記 (1) ミニカーショールーム別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる