ミニカーショールーム別館

アクセスカウンタ

zoom RSS レジンキット初挑戦(その2)

<<   作成日時 : 2008/04/28 22:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 9

さて、「レジンキット初挑戦の巻」第二回目。

本来なら製作記らしきものでも書ければ良いのですが、いきなり今回で完成してしまいます。(笑)

決して人様にお見せするような出来では無いのですが、「初めての人でも、レジンキットは普通に作れるよ」という事が伝わればよろしいかと…。

画像

今回はレジンキット初挑戦という事で、「とにかく完成させる」事を最優先事項に置いています。
したがって、完成の阻害要因となる「ディテールアップ無間地獄」を避けるため、余程気になる部分以外は極力「素組み」を基本方針としました。(笑)

まぁ、完成品主体のメーカーであるBBRの製キットですから、精度は高くレジンキット製作の心得が無い人でもほとんど問題なく組んでいけるものと思います。
完成するとご覧の通り「ダイキャストミニカー」とは一味違うシャープな出来栄えの『自分だけの一台』が手に入ります。(笑)


ただ、BBRならではの悪評高い「窓貼り」だけはかなり難度が高く、今回初めてということもあって大苦戦。なんだかんだで、2回ほどやり直してます。
それでもちょっとキタナイ仕上がりですが、これ以上やり直しても窓枠のエッチングがヘロヘロになるだけで改善される気がしないので、今回はこれで打ち止め。


;画像

フェラーリの場合、ボディカラーのレッドの再現がかなり重要なテーマだったりするワケですが、一口に「ロッソコルサ」と言っても、年代によって微妙に色合いが違って見えたりするんでその辺り中々悩ましいトコロです。

今回、クレオスの「スーパーイタリアンレッド」を使ってみたりなどの試行錯誤を経た結果、最終的にはフィニッシャーズの「シルクレッド」で仕上げてあります。
80年代のフェラーリには中々いい感じでマッチする色でオススメです。

ちなみに、下地はフィニッシャーズの「ファウンデーションピンク」を使っているのですが、「シルクレッド」は隠ぺい力が高い色なのでそれほど下地には神経質にならなくても良いようです。
逆に「スーパーイタリアンレッド」は透明度が高く、下地はもちろんのこと塗り重ねも慎重に行う必要があります。
うっかりダマを吹いたりすると、最後までリカバリ不能な事態に陥ってしまうので要注意。


画像

折角なので台座なんぞを用意して、銘板もそれらしく作ってみました。

ついでに取り外し式のデタッチャブルルーフも金属板でこしらえてますが、取り付けがちょっと浮いちゃってるのはご愛嬌。

画像

今回、オーバーコートのクリアはフィニッシャーズの「オートクリア」を使い、3回程の吹き付け後に研ぎ出しを行ってます。

最近はウレタンクリアーが流行りのようですが、ラッカークリアの持つ落ち着いた深みの有るツヤも良いモノです。

この「オートクリア」、ラッカークリアとしてはそこそこ乾燥時間が早い方だと思うのですが、ガイアノーツの「EXクリア」はさらに乾燥が速いという事で、機会があれば是非そちらも使ってみようかと思ってます。

ところでこのBBR製モデル、どうにも気に入らない点が立体感の感じられないホイール。
正直、IXOあたりのミニカーからコンバートしてきた方が出来が良さそうに思われました。


画像

リアフェンダー上のアンテナは、数少ないディテールアップポイント。
虫ピンと極細パイプの組み合わせで作ってます。

あとルーフスポイラーは、付属のホワイトメタルパーツがヘロヘロかつサイズ小さすぎで使い物にならなかったので、洋白板から切り出して自作しました。



さて、今回初めてレジンキットを作ってみて個人的にはとても楽しかったのですが、今時は精巧なメーカー完成品が2万前後で手に入ったりする御時勢ですので、キット状態でも1万前後する様なものをわざわざ時間をかけて製作しようというのはかなりのマゾプレイという気がしなくもありません。

しかも、ダイキャストミニカーの完成度もかなり上がってきており、少なくともプロポーションの再現と言った点では上回っている部分もあるように思います。
レジン/ホワイトメタルキットの市場が以前より急速に縮小しているのも致し方なし…と言ったところでしょうか。


…とまぁ、そんなことを言いつつもすっかりハマって既に第二弾の製作を始めてたりするのでありました。
機会がありましたらそちらもいずれ。


にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ 画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
びっつさん こんばんは!

いや〜
素晴らしいです!!
私には精巧な高級完成モデルにしか見えませんです(((((;゜Д゜))))

ピカピカの塗装に細かいディティールアップ、
もの凄くカッコイイですね〜♪
びっつさんの技術の高さにただただ驚く次第ですm(_ _)m

仰りますように、
この時代のモデルはクレオスの「スーパーイタリアンレッド」より
フィニッシャーズの「シルクレッド」の方が
深い赤でよく似合いますねぇー!

デタッチャブルルーフ自作なのですか!?
言われなければ全然分かりません!
と言いますか言われても分からない程です(笑)
koji
URL
2008/05/03 21:50

台座と銘板も素敵すぎですっ
銘板も金属板っぽいですが、
どのように文字をお入れになったのか非常に気になります・・
もし宜しければどのようにお作りになられたのか
ご教授賜れましたら光栄です<(_ _)>

すでに第二弾の製作を始めてらっしゃるのですね(*^_^*)
次回もとても楽しみですヽ(´▽`)/〜♪

PS:
このように素晴らしく格好いいモデルを制作されたのを拝見し
休止中にも関わらず作業がしたく触発されてしまいました♪
いや〜
良い品を拝見させて頂きありがとうございました!!
koji
URL
2008/05/03 21:50
kojiさん、こんばんは〜
帰省のため、コメントが遅くなりましてスミマセン。

1/43レジンキットなどという物は、一部の上級モデラーが手を出すようなモノだと思い込んでいましたが、実際に作ってみて決してそんな事は無いというのが判りました。
ボシカに代表される超絶フルディテールキットは確かに一部の上級モデラー向けの物でしょうけど、今回のBBR製キットに関して言えばパーツ数も程々ですし、精度も高いのでプラモデル感覚で組み立てていけます。
何より、対象が小さいので塗装がすご〜く楽ちんなのが良いです(笑)

銘板の件ですが、極薄の洋白板にインスタントレタリングで車名を入れただけの簡素なモノです。
でも、お手軽な割にはそこそこ見栄えが良くて気に入っています。

ちなみに台座の方はこちら<http://www.geocities.jp/yu_ko_syoukai/disp.htm>で
オーダーしたもので、値段の割に高級感があって中々の一品でした。
このサイトでは、アシェット社フェラーリコレクション専用のケースも扱っていて、機会があったら買ってみようかな〜と思ってます。
びっつ
URL
2008/05/06 21:37
<kojiさんへのコメント 続きです>

今回、レジンキット製作に手を出したのは、kojiさんのブログ記事に触発されたのも大きな要因の一つです。
色々と忙しい事と思いますが、いつの日か復活されリメイク記事の続きが見られる事を心待ちにしております!!

僕も製作記などをアップできればな〜、などと思っていましたが、一旦製作に熱が入ってしまうと完全に没頭してしまうので、中々ブログ更新にまで手が回りそうにありません(笑)
びっつ
URL
2008/05/06 21:41
びっつさん こんにちは!

ご丁寧なご返信どうもありがとうございます(^0^*

なるほどぉー
BBR製のレジンキットは精度が高くプラモデル感覚で組み立てられるのですかっ!
レジンキットと言いますとハイレベルなモデラー用かと思い込んでおりました(@_@)
しかし、
スジ堀を残しつつこれほどまでに綺麗に仕上げられる
びっつさんの塗装技術の高さや
素晴らしいディテールアップには驚きを禁じ得ませんです!!

銘板は洋白板にインスタントレタリングで車名をお入れになったのですかΣ(゚Д゚)
文字の真っ直ぐ具合や文字間のバランスの良さには
びっつさんの確かな作業とアイディアが詰まっている銘板ですねっ(≧∇≦)b
ご丁寧にご教授下さりいつもどうもありがとうございます<(_ _)>
koji
URL
2008/05/17 16:03

おおっ
台座はオーダーされたようで
「アクリめいと」を拝見させて頂きましたが、
これまた良いショップをご存じで
びっつさんの慧眼にただ驚く次第ですm(_ _)m

アシェット社フェラーリコレクション専用のケース、
イイですね〜♪
1台600円と考えればとてもお手頃で
飾るのが好きな私としましても興味津々なケースです!
あとは重ねて飾れるかどうかが気になるポイントですが、
素直に「20台収納ミニカーケース」を選んだ方が良さそう!?


koji
URL
2008/05/17 16:03
いえいえ〜、
私のような趣味のレベルをまるで超えないリメイクに、
そのように仰って下さり何とも面はゆいですが
この度のびっつさんの記事を拝見し、
早く復活して仕上げたく改めて強く思いました。

休止中ながらも1/18サイズのミニカーは順調に増えておりますので(笑)
そちらの紹介も早く出来ますよう励みたいです!

びっつさんの制作記を是非とも拝見したいですが
没頭してしまうお気持ち、良く分かりますです(*^_^*)


と、長々と書いてしまい3つに分けさせて頂きましたが(^-^;A、
びっつさんも何かとお忙しくなかなかブログに時間を割くのも大変かと存じますが、
びっつさんのブログ、今後ともとっても楽しみにしております!!




koji
URL
2008/05/17 16:04
kojiさん、コメントありがとうございます〜 m(_ _)m

今回、拙いながらも気を配った点が「シャープな仕上がりにする」という点でした。
特にスジボリ等は太くなりすぎない程度に彫りなおした上で、塗装の各工程でもモールドが埋まらないよう慎重に塗り重ねを行いましたので、その点を褒めて頂いてとても嬉しいです。
さすがkojiさん、着眼点が鋭いです!

銘板の件、今回はインレタを使ってみましたが
世間的にはインレタの入手は非常に困難を極めているようで、第二弾ではインクジェットプリンタを使用してみました。
kojiさんのおっしゃる通り、インレタは文字間を均等にしたりまっすぐ貼ったりという点で手間がかかり過ぎです(笑)
これでは、インクジェットプリンタに押されて需要が無くなるのも止む無しですね…。
びっつ
URL
2008/05/18 17:05
<kojiさんへのコメント 続きです>

ここのところ、作業に没頭してしまいブログ更新が疎かになっておりますが、ようやく第二弾が完成しましたので次の第三弾では少しは製作記的な物が書ければ…と思ってます。

ただ、製作過程を公開しちゃうとなんだかハードル上がってしまいそうなのがちょっと…(笑)


1/18ミニカー、順調に増殖しているようで何よりです(笑)
また、kojiさんの綺麗な写真での紹介記事を楽しみにしております〜
びっつ
URL
2008/05/18 17:05

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

リンク

レジンキット初挑戦(その2) ミニカーショールーム別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる