ミニカーショールーム別館

アクセスカウンタ

zoom RSS フェラーリコレクション Vol.12 126C2

<<   作成日時 : 2008/02/01 20:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

前回、前々回とフェラーリ1/43モデルの紹介が続いておりますが、丁度良いタイミングでアシェット社のフェラーリコレクション最新号Vol.12が発売になりましたので、ついでにご紹介させて頂きます。

最新号の付属ミニカーは、あの伝説のジル・ヴィルヌーブ最後のマシンとなった、"Ferrari 126C2" です。

画像

ウイングカー時代のF1マシンの中でも、このFerrari126C2は特に好きな一台です。

126C2といえばレギュレーションを拡大解釈した「2枚リアウイング」のロングビーチ仕様などが有名ですが、今回のモデルはフロントウイング有無やフェアリング形状などから察するに、ヴィルヌーブ最後のレースとなったベルギーGP仕様ではないかと思われます。

画像

こうして改めて見ると、現代のF1マシンに比べてかなり前進したコックピット位置に驚かされます。

こんな、マシンの先端に座らされた様な状態で、コーナーをハイスピードで攻めなければならないドライバーの恐怖感たるや物凄いものがあったのではないでしょうか。

画像

細かく再現されたメーター類など、なかなかいい感じです。

デカール処理のシートベルトはちょっと気になる部分ですので、ブルムから出ている1/43 ヴィルヌーブ人形を載せるのも良いかもしれません。
(サイズがちゃんと合うかどうか判りませんが…)

画像

2台並んだ手前は、ブルム製の126C2サンマリノ仕様です。

ブルム製、IXO製ともに実車のイメージはかなり良く捉えられており、細部の造形はともかく、少なくとも全体的なフォルムについて大きな不満が出ることは無いでしょう。

タイヤに関してはブルムの方がいい感じに見えますが、実は元のタイヤがパーティングラインやらウェルドラインやらあまりに酷い状態だったので、電動ドリルに固定してペーパーがけを行い着色した物です。

画像

昨年末から問題となっているフェラーリ版権問題ですが、このアシェット社のシリーズに関してはフェラーリ公式ライセンスを取得しているという事で影響は無さそうです。
リーズナブルな価格でフェラーリミニカーを入手できるありがたい企画ですので、無事に50号まで続いて欲しいものですね。

さて、次号のVol.13は "250GTO" が付属するとの事。
出来の方が楽しみです。


にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ 画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おっと忘れるとこでした、明日行きますが購入は悩んでます、
F-1はコレクション外ですので、しかしよく出来てますね、
買ってしまうかも知れませんね、GTOは絶対買います。
なおき
URL
2008/02/03 23:50
なおきさん、こんばんは〜

実は僕もF1はコレクション外で、ほとんど持ってないんです。
126C2は大好きなので買いましたけど、他の車種ならパスしていたかも…。
ちなみに、今回の付属モデルは個体差が結構ありますので、もし購入される場合はよくチェックした方が良いかと思います。
特に、タイヤの仕上がりに差が目立ちました。

GTOは絶対買いですね〜
僕もオールドフェラーリの中でもとりわけ好きな一台です。
次号発売日は2月13日(水)ですのでお忘れなく!
びっつ
URL
2008/02/04 00:23

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

リンク

フェラーリコレクション Vol.12 126C2 ミニカーショールーム別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる